■情報商材ナビゲーション(Information Review)■

私が実際に購入した情報起業家(インフォプレナー)の商材を評価します。アフィリエイトノウハウ・起業ノウハウ・・・ダメ情報をズバッと斬り捨て!


スポンサーサイト

【更新日】  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


情報商材感想と評価 387 下手な鉄砲も数撃てばいいのか?

【更新日】  [情報商材感想と評価]無料レポート紹介

情報商材の感想や評価レビューサイトもある
↓↓↓
情報商材レビューが探せる人気ブログランキング







■彷徨いまくった僕の634日間 迷子アフィリエイターからの脱出法【無料】


 多くのアフィリエイターが稼げないのは「迷子」になっているからです。


 情報の波に溺れ、最短距離に「見える」方法ばかりを追い求め、
 結果として、ゴールする前に力尽きて退場してしまうわけです。


 もし、あなたに心当たりがあればこんなレポートはいかがでしょう?
 634日間迷子になってしまった先輩アフィリエイターの実体験レポートです。


 (無料ダウンロードURL)→ http://tinyurl.com/672whw9



■PPシッピング【最新情報】


 教材「アンリミテッドアフィリエイト」の実践者さんの中から
 またしてもインフォプレナーデビューされる方が現れました。


 今回は、PPCアフィリエイトのプロで月収200万円稼ぎ出すともしんさん。


 とにかくシンプルなノウハウなので、
 実際やってみるとわずか数分で作業が完了します。


 当メルマガ限定特典として、作者のともしんさんから、
 「PPシッピングのノウハウをさらに強力にし、
 より大きな金額を稼ぐために必要な考え方(18分15秒)」
 という音声特典をいただきました。


 購入後、インフォトップより特典をダウンロードしてください。


 (特典対象リンク)→ http://ppshipping.com/s/index.html



■下手な鉄砲も数撃てばいいのか?


 私は基本的に「サイトの量産」に肯定的な立場をとっています。


 まあ、「パワーサイト or 量産サイト」
 という極論同士の議論が面倒くさいというのもありますが。


 稼げるサイトを作ったら、
 数を増やすのは当たり前だと思いますし。


 しかし、「サイトの量産」というと
 しばしば、「下手な鉄砲も数撃てばいいのか?」
 という的外れな意見もいただきます。


 例えば、射撃において「試射」という概念があります。


 これは、まず第1撃を発射し、
 その着弾点から目標までの距離を計測し、
 第2弾目以降の精度を高める方法です。


 つまり、1弾目はあくまで
 「誤差」を測るために発射し、
 それ自体は命中しなくても良いと言えます。


 実は、アフィリエイトにおいても全く同様の概念が必要です。


 稼げない人は1発目から命中させようとします。
 そして、1発目が外れた時点で
 撃つのをやめてしまうわけです。


 つまり、1サイト作っただけで
 「やっぱり稼げない」と諦めるわけですね。


 もちろん、一発必中・百発百中を
 出すことが出来るのが理想かもしれません。


 しかし、ど素人がたった1発目から
 大当たりを出すこと自体、
 普通で考えるとありえません。


 そうではなくて、1発目はあくまで「試射」と割り切り
 そこから徐々に「誤差」を修正していく。
 これが稼げる人のサイト作成方法なのです。


 例えば、「商品名+安い」でサイトを作ったが
 「商品名+口コミ」の方がアクセスが集まった場合、
 消費者は「価格」よりも「使用感」の方が
 購入前に興味があるのではと推測できます。


 であるならば、「効果」「効能」「評判」といった
 効果系キーワードでサイトを作った方が
 反応が良いかもしれないと考えられるわけです。


 これが「誤差修正」であり、「精度を高める」コツなのです。


 そして、これを実現するために
 どうしても必要なのが「サイトの量産」です。


 複数のサイトを作成し、その中で
 「稼げたサイト」「稼げなかったサイト」を
 比べることで、その理由が明確化します。


 つまり、「アフィリエイター目線」と
 「消費者目線」の違いをデータとして分析できるわけです。


 これは、数をこなさないと決してわかりません。


 たった1発撃っただけで、
 全てを判断することは不可能なわけです。


 そして、この誤差修正をじっくり行うと
 その過程で、「自分の射撃技術」が向上します。
 つまり、精度が高くなるわけです。


 これまでは100サイト作ってやっと稼げたのに、
 30サイト作ったら稼げてしまった。
 今度は、10サイト作ったらそのうち3サイトが稼いだ。


 このように、量産を繰り返すうちに
 徐々に精度が高まり、「稼ぐ力」が身についていくわけです。


 ですから、まずはサイトを作ることに憶病にならないでください。


 【サイトを作らなければ1円にもならない】
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 これは不変の事実です。


 能書きばかりで、全く手を動かなさい人が
 成功できるということはありえないのです。


 逆に、まず「行動」に移せる人。
 そういう人は必ず稼げるようになります。


 なぜなら、その過程で膨大な「経験値」が蓄積されていくからです。


 まずは「試射」と割り切り、
 サイトを打ち上げていきましょう。






以上、サイトアフィリエイトにおいて量産は「下手な鉄砲も数撃てばいいのか?」でした。
最後まで読んでいただいてありがとうございます!




■追伸


 今回のお話には直接関係ありませんが、普通の人が
 金持ちになる数少ない方法「投資」。


 そのノウハウを徹底的に解説した全568ページの教材が無料公開されています。
 期間限定での無料公開なので、早めに手入れておいてください。


 http://toushifudousan.jp/








「イイネ!」と思った方は、こちらもどうぞ。
人気ブログランキング







新着レビューが気になる方はお気に入りに追加されると便利ですよ♪











■情報商材ナビゲーション■TOPページへ
スポンサーサイト




| このページの先頭へ | 次のページ > >

情報商材ナビ管理人

inforeview

元祖 情報商材レビュアー:inforeview

インフォ侍

これまで情報商材を500冊以上
読み実験してきたインフォ侍の
情報商材の本音レビューサイト。
読んだだけの人とはわけが違いますよ^^

■ブログ最強情報商材【爆転2】
作者でもあります。(販売者は沼倉裕)
◆通算3140本オーバーの売上!◆

■最強無料レポート【震天動地】
累計3万人以上がダウンロード。
◆2006年無料レポート大賞獲得!◆


■『情報商材』Google1位達成!
■『情報商材』Yahoo!2位達成!
■『情報商材』Goo   2位達成!


SEO対策:情報商材

RSS
最新情報購読


情報販売倫理機構
【認定レビューアー】


Jレビュー認定レビュアー

自動ツール付き
インフォ侍の著書

情報商材ナビ
【雑誌掲載されました】


週刊SPA!副業革命DVD
【7月14日発売号】


副業革命セミナーDVD特集
【7月7日発売号】


副業革命セミナー特集号
【2月23日発売号】


副業革命セミナー特集号
【2月16日発売号】


自動ツール特集号
【8月18日発売号】


エンSPA!副業革命!特集
【7月15日発売号】


SPA!副業革命!増刷決定
【7月7日発売号】


副業革命!特集号
【6月9日発売号】


詐欺情報商材を見分ける方法特集号
【10月14日発売号】


インスタントブログアフィリエイト特集号
【8月7日発売号】


情報商材特集号
【6月5日発売号】


情報商材販売号
【9月21日発売号】


限定特典付き
サイトアフィリエイト最強

限定特典付き
月収5000万円の秘密

情報商材ブログ
ランキングサイト




SEO対策の裏技
情報商材購入前に

SEO対策・アクセスアップに現在非常に効果的な裏技です。このサイトにあなたのサイトのトップページからリンクを張っていただければ、私が現在契約しているプロのSEO業者の手によって、完全無料で自動的に、あなたのサイトがほったらかしで大手検索エンジンに半永久的に登録されます。つまり被リンクが自動で増えていき、あなたのサイトの検索順位が上がっていきます。あなたのサイトの順位が上がれば、必然的に私のサイトの順位も上がるのでお互いにWIN-WINの関係になります。下記のリンクコードをそのままサイトに張っていただければ、検索エンジン登録が自動開始されます。


情報商材の感想と評価をプロの情報起業家の立場からレビューしています。実際に購入した情報商材のみを厳選し、
優良情報商材・詐欺情報商材問わず本音で評価・検証しております。巷の情報商材口コミランキング等も集めてご紹介します。
情報商材のキャッシュバックは規約違反なので致しませんが、代わりに当サイト限定特典をインスタントブログアフィリエイトのような優良情報商材にはお付けいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。